2020/06/09

成果の出ない経営者のエネルギーの使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
成果の出ない経営者のエネルギーの使い方

すでに亡くなられていますが、NPO法人海洋温度差発電推進機構の前理事長上原春男さんの著書「成長の原理」には

(会社は)エネルギーは使わないと入ってこないので成長しない

という趣旨の事が書かれています。

もちろん会社だけでなく個人も同じです。

 

成果の出る経営者の特徴

有能な方ほど仕事をたくさんこなしているし、アグレッシブな社長ほど活き活きとして、そして儲けていると思いませんか?

  • 力を温存しよう、とか
  • まだ時期じゃないので待つ、とか
  • 儲かったらお金を使おう、とか

ではなく、

  • 力を使えばさらに力を得る
  • 動けば、今がその時期になる
  • 金を使えば、入る。

そして、そのサイクルが動き出します。

確かに、僕がサポートしている経営者の皆さんは、

まず動く
まず使う

から発想が始まり、時間を置いてリターンを得てそのサイクルが一度回りだすとグイグイとスピードが加速していくのを僕は目の当たりにしています。

意思決定の速さ、行動の速さに僕が慌てることもあります(笑)

でもそれは確実に本人に返ってくる。

動いてからリターンまでの時間は個人差がありますが、でも「あ、これは来るな」という感覚がわかります。

 

person-2146508_640

成果の出ない経営者の特徴

一方、「あ、当分来ないな」というのもわかります。

それはやはり

色々と言うけど、結局やらない動かない

つまり、エネルギーを使わない、温存するタイプです。

エネルギーの使い方が、投資家的ではなく、商人的。

ちょっとやって儲からないからやめる。

そういう、ちょこちょこな人、ちょこちょこなエネルギーの出し方な人は時間が答えを教えてくれます。

つまり、「いつまで経っても儲からない」ですね。

僕のメルマガやブログを読んでいる方に、
別に成長したくないし、今のままでいたい
という方がいるとは思えませんが(いたら、読んでいる意味がわかりませんが(笑))

でも、

  • 力を温存しよう
  • まだ時期じゃないので待とう
  • 儲かったらお金を使おう

という発想を持っている方はいるかもしれません。

もちろん決してこの発想が悪いのではないです。

でも、「成長したい」と思っているとしたら、その発想だと「整合性がない」と思います。

成長したいという想い、でもどう行動したらいいかわからない。

そういうジレンマを持っている経営者は、成長のエネルギーを入れるために行動エネルギーを使って取り組んでみると良いと思います。

使えば使うほど入ってくるのでエネルギーは温存せず、出し惜しみせず、出す!ですね。

80%が無駄な業務!?管理職など「忙しい人」の業務がごっそり削減できる「あとよろ」Web講座 無料でWEBセミナーを視聴する

関連記事