2020/06/04

経営者の2つの悩み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
経営者の2つの悩み

経営者さんの個別相談をやっていて個別具体的な悩み・課題が色々とありますが整理してみると傾向は出てくるものですね。

最近特に気になるのは、主に2方面です。

目標の質と行動の質

1つは、

自分の今後の目標、ビジョンが不明確という悩み

  • 目標が複数あって、1つに集中できず他のものが気になる
  • 他の人の事業アイデアが気になる
  • やることが偏ってしまう

進むべき目標が不明瞭なままで放置すると当然「今日の行動も不明瞭」になります。

でも、目標をなかなか決められないそもそも描けないというのが、恐らく一般的だと僕は思ってます。

目標の質は、行動の質に影響しますが逆に行動の質が、目標の質に影響するというサイクルになっています。

仮に目標を決めて、どんどん行動することで目標の質が上がってきますので行動が大事なことは確かです。

でも、闇雲に分散して行動し続けるだけだとずっと同じところを回り続けるだけです。

自分の価値ある目標を見つけるため」という目的意識を持った上で、

アンテナを立てながら行動していきましょう。

経営者の2つの悩み

お金の流れが把握できないどんぶり経営

もう1つの傾向は、

お客の流れ、業務の流れ、お金の流れがハッキリしていないという悩み

自分でやっているのに、いや、やっているからこそ、その「流れ」に無頓着でも今まではやってこれた。

でも結局、

  • お金の状態が把握できていない
  • とりあえず何とかなっているけどこれからが不安
  • 自分がやる仕事がお金につながっているかわからない

という状況になっているようです。

これを一言で表現すると

どんぶり経営】と言いますね。

どんぶりって、ご飯を食べる丼ではなくて魚屋さんがしているような前掛けのことなのですが、その前掛けに穴が開いていてお金がこぼれていてもわからない状態になっているのですね。

会社の「流れ」がわかっていないから、異変に気づかない

こういうのはしっかり意識して、経営者の意図を持ってやらないと何も変わりません。

どんぶり経営は「意図して儲けられない」んです。

別に僕は経理の専門家ではありませんので事細かに教えることはしませんが、

お金の流れの把握が苦手な方ならば以下の本がオススメです。

脱★ドンブリ経営
https://www.amazon.co.jp/dp/4478470758

経営をする上での数字のツボは十分にこれで押さえられると思いますよ。

 

正確な現状把握が大事

上記の2つの悩みは内容は違えど両方とも大事なことは「正確な現状把握」です。

今、自分がどういう状況なのか?

それがわかっていないと解決策も見つかりません。

ビジョンの状況
目標の質
行動の質
お金の流れの把握状況

など、今、自分がいったいどういう状況か?

正確に把握するようにしてみましょう。

80%が無駄な業務!?管理職など「忙しい人」の業務がごっそり削減できる「あとよろ」Web講座 無料でWEBセミナーを視聴する

関連記事