プロフィール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

img_profile

(株)エグゼサポート代表取締役 日本アントレプレナー学会 理事 勝亦 徹

経営者の最も得意で利益を生む仕事をする時間(=エグゼタイム®)に集中するための仕組化支援、外注化支援のエキスパート
「エグゼタイム仕組み経営サクセス・フォーミュラ」を体系化し、経営者の働く時間を減らし売上を上げるビジネスモデル構築を支援。

経営者に寄り添い俯瞰したサポート力には定評がある。

「エグゼタイムこそが最大の価値」

はじめまして、エグゼサポートの勝亦徹です。

「エグゼタイムが社長を変え、会社を変え、世界を変える」をコンセプトに、エグゼタイム(経営者の最も得意で利益を生む仕事をする時間)に集中して、働く時間を減らしながら売り上げを上げ続けるビジネス構築のサポートをしています。

これまで数百人の経営者と直接会ってきましたが、売り上げを上げ、利益を作り、社会貢献をしている経営者ほど、「ほとんどの仕事を手放している」状態で、「好きで得意なことしかしていない」方ばかりでした。

どうもこれは、儲けて余裕ができたからそうなれたのではなく、ある段階で「意図して、好きで得意な仕事以外を手放した」からそうなれた、という順番のようです。

僕自身も起業した年は、とにかく我武者羅に働き、すべての仕事を自分で行い、1日15時間くらい働いていました。その結果、初年度には400万円だった売り上げが、2年目には2000万円を達成することができました。

しかし、そこで限界を感じたのです。

「働く時間を減らし、売り上げを上げ続ける」

もっと売り上げをあげるには、働く時間が限界に近くなってきているので自分依存だと無理だと気づきました。業務の効率化をしても、劇的な変化はありません。劇的な変化を生むには、劇的な方法でしかありません。それが「働く時間を減らす」ということでした。

もちろん、ただ単に働く時間を減らしても、売り上げは下がるだけです。必要なのは、自分がやらなくてもビジネスが成長するような「経営の仕組み化」でした。世の中で流行っているような集客の仕組み化や自動化という部分的で単純なものではなく、経営全体の仕組み化が大事だということに気づいたのです。

それから、試行錯誤を繰り返しながら自分なりに経営を仕組み化していきました。すると、驚くべきことが起こり始めたのです。なんと、働く時間を減らせば減らすほど、売り上げが上がって行ったのです。事実、それから3年後(つまり起業5年目)には、売上は1億円を突破していました。起業2年目の売上が2,000万円だったので、およそ5倍です。

にもかかわらず、働く時間は1日3時間ほど。土曜、日曜どころか、休もうと思えば平日でも休めるようになりました。以前は1日15時間近く働いていたので、5分の1程度にまで減ったことになります。しかも、従業員を一人も雇うことなく、、、です。

これがエグゼタイムに集中することの力であると確信した僕は、そこからさらに試行錯誤を重ね、お客様にもメソッドを提供しながら、働く時間を減らしながら、売り上げを上げ続けるための仕組み経営構築メソッド「エグゼタイム仕組み経営サクセス・フォーミュラ」を完成させました。

「エグゼタイムに集中するために」

弊社は、あなたに「最大の価値を生むエグゼタイムに集中していただくため」に、必要なサポートを提供しようと考えています。

すべてはたった1つの目的「エグゼタイムに集中し、働く時間を減らし、売り上げを上げ続けるビジネスを作るため」のものです。

それは経営者であるあなたのエグゼタイムの価値を信じているからに他なりません。あなたも自分のエグゼタイムの価値を信じて、顧客への影響力を最大化し貢献するビジネスを作ってください。

働く時間を減らせば減らすほど売上が上がり続ける エグゼタイム仕組み経営講座 無料でWEBセミナーを視聴する