2019/12/17

他人の力を借りる力量を持つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
他人の力を借りる力量を持つ

外注化のサポートをしているとたまに

「それ、あなたがやらなくても大丈夫ですよね?」

という仕事を、なかなか手放さずにやり続ける方がいます。

そういう業務は無理やりひっぺがすことはしないのですが、なぜ手放せないか?という理由はお金や時間以外の場合があります。

それは突き詰めていくと

守備本能が生み出すエゴと不安

の場合があるのです。

 

手放せない不安は狭い世界を作る

本来注力すべき仕事は、そこではないはずなのに

  • これは自分がやった方が早い
  • 自分がやった方が品質が良い

という思い込みは、わかりやすい勘違いですが、意外に気づけ無いのは

  • 自分が傷つきたくない
  • 自分の居場所、存在価値を失いたくない
  • 人から批判されたくない

という不安によって手放せない状況です。

このような守備本能が生み出すエゴや不安が強い間は、他人の力を借りることができないので、自分の「今の力量」の範囲だけで生きることになります。

つまり、「井の中の蛙、大海を知らず」というまま生きることになるのです。

 

薄皮をはぐ

薄皮をはぐように少しづつ他人の力を借りる

外注化サポートをしていると、ドカッと一気に外注活用する人もいれば、上記のように、なかなか手放せない人がいます。

手放せない人は、考え方ややり方がわからないだけでなく、このような守備本能のブロックが大いに関わっているからです。

でも、手放せないことが悪いことではありません。

そのことに良い悪いがあるわけではありません。

手放し方の違いがあるだけなのです。

なかなか手放せない人でも、少しづつ薄皮をはぐように手放す方法がありますので、その通りやればいいのです。

一気に変わる必要はありません。

少しづつでいいのです。

 

他人の力を借りる力量を持つ

しかし、少しづつ薄皮をはぐように手放していく先に、結果として、その方自身がいつのまにか

他人の力を借りることができる力量を持つことができています。

力量を持とうと思っても持つことはできません。

少しづつ正しい手順で変化していくことで

いつの間にか力量を「持ってしまっている」

という状態になります。

僕たちが提供している外注化サポートのあとよろ( https://atoyoro.jp/ )は、言ってみれば、少しづつエゴをひっぺがし、不安をひっぺがし、他人の力を借りることができる力量を高めてもらい、今いる自分の外の環境(大海)に泳ぎだすためのサポートだと思っています。

 

80%が無駄な業務!?管理職など「忙しい人」の業務がごっそり削減できる「あとよろ」Web講座 無料でWEBセミナーを視聴する

関連記事