2019/05/15

その、とてもとても非効率で、とてもとても愛すべきことのために

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大切なことのために

家から車で20分程度のところに、富士山こどもの国という広大な自然で遊べる場所があるので、ちょくちょく遊びに行きます。
子供を自然で遊ばせたい場合はなかなか良いですよ。
富士山こどもの国

すすきの迷路や、蜘蛛の巣ネットなどイベントや遊具がある大きな自然公園という感じですね。

次女にこっち行こう、これやろうと言っても
「やだ!」「これがやりたい」
と言って自分の気に入ることを気に入るようにやっています。

普段、仕事で効果効率的にと考えている僕にとっては、仕事の関して非効率なことはストレスになるのですが、でも、家族や子供は常に非効率なものですね。

非効率で愛すべきことのために

その非効率で、でもとても愛すべきことのために費やせる時間をどれほど作ることができるか?

我が家には子供が4人いますが、上の3人はもう中学・高校生なので、親と一緒に遊んでくれません。

次女は小学低学年なのでまだまだパパ大好きで、パパの負担は大きいですが(笑)一緒に遊べるあと僅かな数年を大切にしたいと思います。

抱っこして!おんぶして!と言ってくれる時期は短い。

だから、そのために、仕事に追われ、売上に追われ、夜・深夜・土日祝日なく働き続けることがないように、自分のエグゼタイム(経営者の最も得意で利益を生む仕事をする時間)だけに集中して短い労働時間で、より多くを稼ぎ余裕ができた仕事時間で、未来に収益をもたらす仕事をする。

誰でもできることは、誰かに任す。

自分にしかできないことに集中する。

僕のような1人ビジネス・スモールビジネス経営者でも、それが可能です。

それは、実現しようという【意図】を持つかどうか?

ただ、それだけなんですね。

 

効率的に美しく稼ぐ

 

さっさと効率的に美しく稼ぐ

僕は起業して数年は1日の労働時間15時間近く、土日祝日関係なく働きました。
そのお陰で売上はあがりましたが、その代わり、子どもたちと遊ぶ時間がないばかりか、次男に対して大好きだったサッカー少年団を辞めさせるという取り返しの付かないことをしてしまった。

思い出すだけで申し訳ない気持ちで一杯になります。

もうそんなことをしたくないという一心で、仕組み経営を構築してきて今があります。

そして、僕と同じような状態の起業家に違うビジネススタイルがあることを伝えたいと思ったから、再現性のあるメソッドにしたのです。

あなたが大切にしたい「非効率な時間」とは何でしょうか?

・家族や子供と過ごす時間?

・彼、彼女と過ごす時間?

・自分の趣味に費やす時間?

・もっと自分の新しい価値を生み出して、幸せな人を増やしていく時間?

そんな非効率で大切な時間をもっと増やすために、目の前の仕事や金儲けなんてものはさっさと効率的に美しくやっていきましょう。

働く時間を減らせば減らすほど売上が上がり続ける エグゼタイム仕組み経営講座 無料でWEBセミナーを視聴する

関連記事