2023/08/05

目を引く広告のカラクリ(サービスメニュー)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20230804

先日、中学生の息子が
「脇毛生えてきたら俺は剃る!」
と、言い出しました。

わぁ、なんだかルフィみたい!
だけど言っていることは桁違いー・・と心の中で思いながら。

そういえば友達が高校生の息子の体育祭に行ったら、
男の子みんな脇毛が生えてなかった、と言っていたのを思い出しました。

時代ですねー。

息子の脇毛なし宣言を聞いた後でふと携帯を見てたら
みんな一度は見たことがあるだろうミュゼの脱毛キャンペーンが出てきました。

「40歳〜43歳のあなたに特別なキャンペーン」

すごい範囲の狭いピンポイントな広告です。

たぶん他の年齢の広告も出ているとは思うのですが、その時は対象外なのであまり気にせず、でもこんなにピンポイントだとつい目がいってしまい、クリックします。

これも戦略なんだろうなと思いつつ・・。

全身脱毛が無制限で50円でした。
しかも今なら明日までの申し込みで更に半額の25円!

25円!!!
50円でも安いのにさらに半額って!!

吉村、明日までなら今申し込まなくっちゃ、って申し込みました。

あとから、お前その半額の25円になにを見たんだよ、って自分自身にツッコミましたw

で、行ってきました。

やはり思った通り、他のサービスを勧められます。
でも断ることももちろんできます。

そしてこの安いキャンペーン商品はうまいことできていて、
キャンペーンを利用する人はアプリでしか予約が出来ません。

正規のお金を払って脱毛する人は施術を受けて、次の予約はお店でできます。
数週間後とか1ヶ月後とかほぼ希望の日を予約できるそうです。

アプリで予約する人は、予約枠が2ヶ月3ヶ月先の土曜の17時とか平日の15時とか
中途半端な時間しか空いていません。

でも間は空くけど、予約はできるし、広告通り無制限で脱毛ができます。

でも不便。
不便を我慢して安く済ませるか、お金を出して早く綺麗になるか、
それはこちらの判断ってことになります。

なるほど、よく出来ているなーと思いつつ
まずは25円で契約してきました。
25円だけどちゃんとクーリングオフの説明も受けましたw

ピンポイントに刺さる広告を出して予約をしてもらい、
お店でサービスの違いなどを説明して契約をしてもらう

これはどの商品にもあることだと思うのですが、如何に相手にまず興味を持ってもらうかが大事だと思います。

弊社にも複数のプランがありますが、お客様が何を求めているかによって選んでいただきます。
それにはまずはお話を聞き、何に困っているのか、どうしていきたいのか、それを細かく整理し、1人1人のお客様に合った内容で進めていきます。

弊社はご相談は無料で行っております。(25円かかりません!)

たった1日60分×3Daysで仕組み化のプロから学ぶ、ひとり社長のための「売上3倍になる設計図の作り方」

関連記事