2019/05/23

「働くのがつまらない時代」の働き方はやめよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
働き方

エグゼタイム仕組み経営が提供する結果は、

エグゼタイムに集中し
働く時間に依存せず
売上を上げ続ける仕組み経営

ですが、経営者の中には「働かないで自動的に売上が上がって、お金が儲かるビジネスにしたい!」と考える方もいるでしょう。

もちろん、それは選択肢ですので実現は可能かもしれませんが、それは数年は大丈夫かもしれませんけど、そう長くは続かないビジネスモデルになると思います。

もし、一時期の「働かないで儲かる」という状態にあぐらをかいていたとしたら、そうでなくなった時にはもうすでに自分のビジネススキルやお客様のニーズは、思いっきりズレていて、手遅れな状態になっている。というのが容易に想像できます。

セミ・リタイアとか、不労所得とかって「働くのがつまらない時代」の働き方だと思うんですね。

僕が言うのは、「働かない」のではなく「エグゼタイム」に集中する働き方です。

エグゼタイム(=経営者の最も得で利益を生む仕事をする時間)に集中していると、仕事が苦役ではなく、働くのが楽しい!となりますので、もっと働きたくなってしまうのではないかと思います。

未来の利益のために

エグゼタイムが生み出すもの

エグゼタイム(=経営者の最も得で利益を生む仕事をする時間)の「利益」とは「未来のお金」のことを言います。

経営者であるあなたが日常業務を一生懸命やっていても生まれるのは目の前のキャッシュですので、未来のお金は生まれません。

ですので、まずは日常業務を仕組み化して、スタッフや外注さんがやるようにして、そこに自分の時間が取られないようにすることです。

そして、あなたはエグゼタイムに集中して

・経営戦略
・商品、サービス開発
・マーケティング戦略

などの未来にお金を生む仕事をすること。

経営者は常に、経営スキルを上げ、マインドセットを高め、新しいチャレンジをして、未来の利益を生み続ける。

これを繰り返していくことで、

エグゼタイムに集中し
働く時間に依存せず
売上を上げ続ける仕組み経営

が実現します。

経営者がそのエグゼタイムに集中できるように、今のビジネスを仕組み化して余裕のあるキャッシュと時間を生み続ける。

それがエグゼタイム仕組み経営の目的です。

やるべきでない仕事は比較的楽にできてしまうかもしれませんが、それをいくら一生懸命に取り組んでも成果・結果につながりづらいです。

そこに逃げないで、経営者として何を自分がやるべきなのか?
自分のエグゼタイムは何なのか?

ぜひ、見極めて取り組んでください。

働く時間を減らせば減らすほど売上が上がり続ける エグゼタイム仕組み経営講座 無料でWEBセミナーを視聴する

関連記事