2020/11/05

失敗? ふ〜ん、で?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
失敗? ふ〜ん、で?

行動力が凄い人と出会いました。

とにかくやってみる。

というスタンスで、とてもスピードが速い。

とても興味を持ったので、会話の流れの中で、あえてこういう質問をしてみました。

失敗は怖くないんですか?

すると、即座に彼はこう言いました。

「失敗? ふ~ん、で? ですよ^^」

おお!
正直、かなりツボに入りましたね。

失敗? ふ~ん、で?」って。

小さく行動して、早く結果を出す

考え、即行動する、そこで結果がわかる。

成功とか失敗とかは、ただの種類でしかなく、それは「結果」でしかない。

だから

失敗? ふ~ん、で?

なんでしょうね。

あなたは、自分に思い当たる事がないですか?
ああだ、こうだ考えてしまい、失敗するんじゃないか?
失敗しないように事前準備をしっかりしておかなきゃいけない。

そうやって、どんどん行動する機会を失って行く。

僕自身は思い当たりますねー(笑)
行動が早い人は、小さな行動で、小さな失敗や成功を体験して、ふ~ん、で、それからどうすればいい?
を考えて、また行動して結果を出す。

彼を見ていて、話のキレもいいし、行動も早い。

我が意を得たりで、とても気持ちがよかったですね。

考えて考えて、溜めて行動するから大きな失敗になるんです。

考えて、小さく行動して、結果を得て、ふ~ん、で?
これオススメですよ。

失敗? ふ〜ん、で?

成功の定義

僕のビジネスのメンターの言葉に「成功の定義」というものがあります。

成功とは

前もって決めた
   自分に取って価値ある目標を
    段階を追って達成している状態

大事なのは2行目の「自分にとって価値ある目標」です。

社会的な基準ではない、自分にとっての価値有ること。

この発見が一番大事です。

ですから、そこに向かうプロセスでの、失敗は失敗ではなく、それすらも、段階を追って達成している状態であり成功なのです。

価値ある目標が見つかっていなくても、その行動の結果に見つかると思ったら、その失敗も、成功につながる一里塚と言えます。
ですから、どんな状況でも

失敗? ふ~ん、で?

でどんどん進んで行くといいですね^^

80%が無駄な業務!?管理職など「忙しい人」の業務がごっそり削減できる「あとよろ」Web講座 無料でWEBセミナーを視聴する

関連記事