2019/07/26

たいせつなものは、目に見えない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
たいせつなことは、目に見えない

あなたの、好きな言葉はなんでしょうか?

僕はそう聞かれたら、いつも最初に

サン・テグジュペリ著 「星の王子さま」の一節

「たいせつなものは、目に見えない」

と答えます。

学生時代や社会人時代は、そのことを「感謝」や「愛情」「思いやり」というように捉えていましたが、経営を始めてからは、その一番目に「時間」が来るようになりました。

なぜ、経営においても目に見えないものが大切なのか?

それは、目に見えないものが目に見えるものを生み出すからです。

目に見えるものを生み出すもの

経営をしていると「お金」という目に見えるものの存在がとても大事ですが、お金ばかりに注目して、お金欲しさにお金を大事にしすぎるとお金が生まれない。

お金を生み出すには、お金を目に見えないものに変えて、そして目に見えないものがお金を生み出すというサイクルを回すことの大切さを知りました。

経営者がお金を生み出すために投資すべき目に見えないものとは何か?

1つ目は「時間
2つ目は「何に時間を使うべきかの理解」
そして、
3つ目は「その時間を最大効果的にするためのスキル・ノウハウ」
だと思います。

すべて「目に見えないもの」です。

そして、この3つが揃ったものを僕は経営者の時間「エグゼタイム」と呼んでいます。

エグゼタイムは目に見えませんが、経営者にとって一番価値があり、そして目に見えるお金を生み出すものです。

時間とお金のサイクル

このサイクルを回そう

例えば、時間は新しいアイデアや商品・サービスを生み出すために重要です。
スキルやノウハウは、より付加価値の高いサービスを提供するために重要です。

そしてそれらを用いて、お客さんに価値を届けた時に、お金という目に見えるものが生まれます。

そしてその得たお金を使って、さらに目に見えない時間を作り、スキルやノウハウを強化する。

このサイクルです。

目に見える目の前の「お金」を大事にするあまり、目に見えないものに投資ができないままだと、目に見えるお金を生み出すはずの目に見えないものが一向に増えない。

この言葉遊びのような、でも本当の理解ができたなら経営はもっとずっと楽になるのだろうと思います。

「目に見えないもの」への理解があなたの世界を変える

僕のコンセプトである

「エグゼタイムが社長を変え、会社を変え、世界を変える」

最初変わるべきなのは、社長のあなたです。

あなたの「目に見えないもの」への理解です。

そこからあなたを取り巻く世界が大きく変わっていきます。

80%が無駄な業務!?管理職など「忙しい人」の業務がごっそり削減できる「あとよろ」Web講座 無料でWEBセミナーを視聴する

関連記事