2019/10/16

お金を生み出すものはいつも時間

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お金を生み出すものはいつも時間

僕たちが持っている時間は、誰であれすべて同じ1日24時間です。

その同じ時間を持っていながら、その時間を何に使うかで生み出す価値、手に入れる価値は変わってきますよね。

様々な結果は、その時間を何に投入するかで変わってきます。

もちろん「お金」もそう。

時間を労働に変えてお金を生む
時間をアイデアに変えてお金を生む
時間を文字に変えてお金を生む
時間を動画に変えてお金を生む
時間を言葉に変えてお金を生む

つまり
「時間をエネルギーに変えてお金を生む」
ということです。

すべての人に共通に与えられた時間という資産を、上手に変換している人が「欲しい結果」を手に入れていきます。

1つの時間をどうすれば影響力が増えるのか?を考えて実現した人が「欲しい結果」を手に入れていきます。

これからは「お金」よりも「信頼」が貨幣価値を持つと言われていますが、その本質は変わりません。

自分の時間を何に変えれば、相手(お客さん)が利益を得て喜んでもらえるか?

それを考え抜き、行動にフォーカスできる人が「欲しい結果」を手に入れます。

まずは除外する

では、その価値を生める時間を見つけるためにはどうすればいいのでしょうか?

「価値を生む大事な時間って何かな?」

という質問で探しても、どれもこれも大事に見えるのでボヤケてしまいます。

質問は逆です。

「価値を生まない、生んでいない時間って何かな?」

です。

しかし、より精度を上げる質問は、

「自分がなりたい状態に対して、価値を生まない、生んでいない時間って何かな?」

です。

手放す時間と増やすべき時間を明確にする

 

手放す時間と増やすべき時間を明確にする

そして、その時間を少しつづ手放していきます。

普段無意識に使ってしまっている「価値を生まない時間」。

それを手放すことで、より濃い「価値を生める時間」が手に入っていきます。

そしてそれを繰り返していくと、より濃い「価値を生める時間」が手に入ります。

でも、それはリソースとして手に入っただけ。

その手に入った「価値を生める時間」を本当に「価値を生むための時間」として投資する。

そうやって、少しづつ削いで、また増えて、また削いで、また増えて、戻って、また削いで、、、を繰り返していくと、本当に大事な投資すべき時間「あなたのエグゼタイム」がわかりますよ。

ぜひ自分に問いかけてみてください。

「この時間は、自分がなりたい状態に対して価値を生んでいるのだろうか?」

と。

働く時間を減らせば減らすほど売上が上がり続ける エグゼタイム仕組み経営講座 無料でWEBセミナーを視聴する

関連記事