2023/08/22

素直な人と従順な人は違う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20230819-1

勝亦です。

社員さんでも、スタッフさんでも

この人、素直だなー

と思う方っていないでしょうか?

僕もお客様対応をしていて
先方の社員さんとお話しして
すごく素直な方だなーと
思うことがあります。

ところが
素直なんだけど
何故か、全然うまくいってない。
求めていることができない。
という方がいます。

これがずっと不思議だったのですが
先日、理由がわかりました。

それは、素直な人と
従順な人の違いだったのです。

003

目的を考えられているか?

「これやってください。」

と言われて
なんでも

「はい、わかりました。」

と答えてやる人を、
僕は一律に素直な人だと思っていましたが

同じ

「はい、わかりました。」

と答える人でも素直な人と、
ただ順従なだけの人の違いがあったわけです。

順従な人というのは

『言われたことを目的も考えずにただやる人』

です。

この場合だと、
最初はいいのですが
途中で伸びなくなります。

自分で考えないので
言われたことをやる途中に起きる
様々なイレギュラーなことに
まったく対応ができません。

 

一方、素直な人は

目的を考えて行動したり
過去の自分の経験をもとに考えたりして
納得した上で、やってみる。

もしうまくいかなかったら、
違う方法を試してみる。

という成長があります。

つまり、俗に言う

『守破離の守』

という成長プロセスの一歩目を
意識してやっているわけです。

20230819ー2

具体を具体で捉えるか、一度抽象に上げられるか?

これは、具体と抽象の話にも
置き換えられるのですが

目的を考えずにただやる従順な人は
言われたことを、ただやるので

具体⇒具体

で、反応しているだけです。

 

目的を考えた上で、まずやってみる素直な人は
言われたことについて、目的を一度考えて、そしてやるので

具体⇒抽象⇒具体

と、視点の上げ下げができる人です。

 

従順な人の反対で、反抗的な人もいますが
これも

具体⇒具体

で、反射的に反抗しているだけの人が多いと思います。

 

ビジネススキルとして

具体⇒抽象⇒具体

と、行ったり来たりする能力は
素直に伸びるか
従順もしくは反抗して、そこで停滞するかの
大きな違いも生み出す能力だと思います。

勝亦

関連記事