2020/02/06

無意識のタイムマネジメントから抜け出せ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
overcoming-2127669_640

あなたは、日々仕事に追われている中で「やりたいことがなかなかできないなぁ」なんて思うことないですか?

でも、実はそれって高い確率で

さっさとやれば、比較的すぐにできてしまうこと

だったりしないでしょうか?

これは、いつもの癖でなんとなく「無意識に先送りをしている」ということです。

無意識のマネジメント

こういうのを僕は

  • 無意識の行動マネジメント
  • 無意識のタイムマネジメント

と言っています。

無意識だから潜在的にちょっとでもやりづらい・やりたくないということはどんどん先送りしていきます。

気づくと

「あ~いつまでたってもできないんだよなぁ」

となります。

ではどうすればいいのでしょうか?

 

artificial-intelligence-3382507_640

意識的なマネジメントへ

それは、

「意識的に」選択

もしくは

「意識的に」先送り

すればいいんですね。

選択しようが先送りしようが、

それを「意識的に自分がコントロール」するんです。

でも、たぶん、あなたは常に意識的に行動をコントロールしている「つもり」だと思います。

ところが、相談を受けてみると実はそうではないことが多いんです。

意識的にやっていると「思っている」と逆に

無意識であると気づかない

という弊害があるんですね。

そこに客観的に気づくことが大事ですね。

 

眠りから覚める

そして、本当の意味で

意識的に自分の行動を選択できるタイムマネジメント

ができるようにする。

そうなると、、、
当然、目標達成も意識的にできますし時間も空きますし、仕事スピードもあがります。

まさにタイムマネジメントのエキスパートになれます。

では、それはどうすれば良いでしょうか?

time-management-1966396_640

今日の行動は何のためのものかを紐付ける

あくまでも考え方として概要をお伝えするに留めますが

  1. すべてのタスクを書き出す
  2. 3ヶ月後の目標を決める
    (大きな目標でも細分化して3ヶ月という期限付きのゴールにする)
  3. その目標のために、何をやらないか?を考え除外する
    (「何をやるか」ではなく、「何をやらないか」です)
  4. 残ったものがやるべきことなので、それを優先順位付けする
    (残ったものの中でも、優先度が低いものから考える)
  5. そして残ったものが「真っ先にやるべきこと」です。

これが「意識的な除外」「意識的な選択」です。
ポイントは、

先にやらないことを除外する

「いつまで経ってもできないなー」

ではなく

「今これはやらないと(意識的に)決める」

ことが大事です。

常に自分の行動を「意識的に」マネジメントしていきましょう。

80%が無駄な業務!?管理職など「忙しい人」の業務がごっそり削減できる「あとよろ」Web講座 無料でWEBセミナーを視聴する

関連記事