2020/07/14

もしあなたの会社がなかったらお客さんはどうしますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
もしあなたの会社がなかったらお客さんはどうしますか?

もしあなたの会社がなかったらお客さんはどうしますか?

この問いは、あなたの会社の差異性を。知るための大事な質問です。

差異」というのは他社にない「強み」のことです。

(良い意味で)空気を読まない正直なお客さんがいたら、直接聞いてみるといいですね。

もし、弊社がなかったらどうしますか?」と。

だったら◯◯します
●●に頼むかな
代わりに■■を使うよ

そういう代替手段がお客さんの頭の中の、あなたの競合ですので、その数が多ければ多いほど、また、普通に思いつくことができるほど、あなたの差異性は乏しいということになります。

しかし、もし

いやー、なくなったらちょっと困るねぇ
そんなことになったらビジネスできなくなるよ

というような回答だったとしたら、お客様を支える替えのきかないパートナーとしての、存在価値があり、差異性のある強みを提供できている会社という証拠だと思います。

 

「差異」は相手によって変わる

先日、「あなたの強みは弱みで、弱みは強み? 」という記事を書きました。

あなたの強みは弱みで、弱みは強み?

上記でも書きましたが「強み」は相手によって変わります。

ですので、「差異」というのは他社にない「強み」ですので、「差異」も相手によって変わります。

だとしたら、誰があなたの価値を、特別に感じてくれるのでしょうか?

 

もしあなたの会社がなかったらお客さんはどうしますか?

あなたの差異を欲しいお客様は誰ですか?

またいつかじっくり書きたいと思いますが、僕のビジネスセオリーの中心は「除外」です。

でも、そこには段階があって、正確に言うと集める・分類する・手放すという3ステップです。
それぞれのステップでやることが違うので、このステップと、それぞれでの、やるべきこと、やってはいけないことが、わかるとビジネスもうまく行きやすくなります。

でも、今回はその話は置いておいて、誰があなたの価値を特別に感じてくれるのか?
を知る手順についてをお伝えします。

 

徹底的に万人にお尽くしした後に、「相手」を選ぶ

あなたのビジネスの状況によって、これは大きく変わりますが、起業してまだビジネスモデルが、しっかりと確立できていない=差異がない

という状態ならば「集める」段階なので、とにかくお客様をこちらが選ぶことなく、目の前のお客様に徹底的にお尽くししましょう。

その中から、あなたのやったことに対して、喜んでくれるお客様が一定数出来てきます。

いったいそれが何なのか?
自分のどんな価値が喜ばれるのか?
じっくり「集めて」いきます。

 

もしあなたの会社がなかったらお客さんはどうしますか?

ベネフィットを分類する

その中で、あなたの提供する価値=お客様のベネフィットで、特に大きな喜びと利益が生み出されるものを「分類」して、少しつづ集中します。

その結果、利益も増え、喜びも増え、充実感も増えていくと思います。

ここではまだ手放す必要はないので、分類して、見つけた価値に対して、少しづつ集中していきます。

 

差異に集中してビジネスモデルを作る

分類し集中していくと、ある段階で、「差異」が確信に変わってくると思います。

その時に、他を「手放し」より差異に集中して、ビジネスモデルを構築します。

 

もしあなたの会社がなかったらお客さんはどうしますか?

「相手」はあなたが選ぶ

差異に集中してビジネスモデルを作る時に、特に注意をするのは、ただ「利益性」だけを見て、儲かるビジネスだからという理由だけで、事業を絞ることはオススメできません。

利益性以上に好きな顧客を大事にします。

つまり

あなたが、付き合いたいお客様を選ぶのです。

あなたは、

  • あなたがお付き合いしたい顧客
  • あなたの価値を最大に評価してくれる顧客

を選び、徹底的に知り、考え、寄り添い、差異を提供できるというビジネスを作っていくのです。
そしてその時に、もう一度聞いてみてください。

もし、弊社がなかったらどうしますか?

その答えの結果が、あなたのビジネスが、本当に差異があるかを教えてくれるでしょう。

80%が無駄な業務!?管理職など「忙しい人」の業務がごっそり削減できる「あとよろ」Web講座 無料でWEBセミナーを視聴する

関連記事