2019/06/13

あなたの価値を生み出す源泉を知ればビジネスと世界が一気に変わる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
自己投資

サラリーマン時代の話です。

いや、もしかしたらその前の大学生時代から遡るのかもしれません。

恥ずかしい告白ですが、僕はほぼ起業するまでの約25年間を「自分探しの旅」に費やしてきました。

・僕はいったい何が得意なんだろう?
・何ができるのだろう?
・人に認められる「これ」というものはどこになるんだろう?

と夢見る夢子ちゃん状態で悶々とした終わりが見えない旅を続けていました。

もちろん、サラリーマン時代、仕事は責任を持って一生懸命にやりましたし、充実していなかったか?というとそういうわけでもなく、楽しくやっていました。

でも確固とした「自分」を見つけられずに、言葉にできない「起業してみたい」という漠然とした想いを胸に、読書やビジネスセミナーなどを始め自己啓発に勤しんでいました。

根拠のない片っ端からの自己啓発

ビジネススキルを高められそうなものを片っ端から学んでいました。

・マーケティング
・コピーライティング
・NLP
・フォトリーディング
・マインドマップ
・ジーニアスコード
・営業スキル
・コミュニケーションスキル
・あらゆる経営メソッド

ビジネス本も毎年150冊以上は読み続けていました。

でも今振り返ると、自己「投資」ではなく、消費・浪費のものも多かったかもしれません。

メンターからの一言

メンターからの一言

そんなある日、僕に経営の世界を見せてくれる人や起業を勧める人が現れました。

ありがたいことに、経営の本質的な考え方も教えていただけたのですが、それでも僕は自分に自信が持てないし、何ができるのかもわからなかったので

「起業はしません(本当はしたいけど)」

という心と態度が真反対の回答しかできませんでした。

しかしそのメンターからの言葉で、少しだけ人生ラインがシフトしていくのです。

「あなたの強みは、誰が相手でも「この人嫌だな」と絶対に思われないところだよね」

「AさんとBさんの間で、スムーズに話を調整する潤滑剤的なことが自然にできるよね」

「面倒くさい中継部分を、面倒くさがらずにやってくれるよね」

僕にとってはごく当たり前・ごく自然にやっていることなのでそれが「強み」だとはこれっぽっちも認識していませんでした。

その一言と、目の前のニーズから、「外注化に悩んでいる経営者の外注化支援と行動促進のサポート」を始めたわけなのですが、でも、自分が提供できる価値はなんとなくわかっても、その価値を生み出す源泉がどこにあるのかはわかりませんでした。

だから、またその価値を高めるために、外側のスキルやテクニックを求めて、懲りずに自己投資を続けていたのです。

もちろんそれが悪いわけではありません。

自己投資を続けたことで、結果的に、自分にとって何が大事で何が大事ではないのか?を判断し取捨選択するための材料が揃えることができたのはメリットでした。

ビジネスコンセプトを支えていたものとは?

ビジネスを進めていく中で、コンセプトが固まってきました。

それは

ひとりビジネス・スモールビジネス経営者が
エグゼタイム(=経営者の最も得意で利益を生む仕事をする時間)
だけに集中して、
売上を上げ続けることができる
ビジネスモデルの構築サポート

です。

でも、なぜ僕はこの「エグゼタイム」を作るためのサポートにこれほどまでの情熱が湧き出てくるのか?

まだそれを言葉で説明することはできませんでした。

しかし、ついに明らかになる時が訪れたのです。
才能発見

才能は過去の経験と感情の中に

それは「才能プロファイリング」という手法により、自分の価値観を明確にするアプローチによってでした。

僕の才能の源泉、エグゼタイムの源泉は自分の過去の経験と感情の中にありました。

僕の源泉は小中学生時代に見ていた、今は亡き、父の働く姿だったのです。

父は紙加工の個人事業主(1人社長)でした。

いつも自然体で、ひょうきんに笑わしてくれて面白く、夜も毎日家にいるし、休みの日には色々な場所に遊びに連れて行ってくれるのにしっかりと稼ぐのはすごい!そう思っていました。

そんな父の姿に憧れて、僕はいつも手伝いに行っていました。

その経験から僕も
「1人社長でも自然体で余裕を持って格好良く稼げるようになりたい」
と(当時は言語化していなくても)そう思ったのだと思います。

僕の価値観は「自然体」です。

経営者が自然体で余裕を持って稼ぐ姿、それが「エグゼタイム」だったのです。

すべてが一貫性を持って明確になった日から、さらに僕は

「お金という目に見えるものよりも、
時間という目に見えないものの価値を大事にすること」

という長期的に得られる価値をもっと信じることができるようになりました。

お金はいくら使っても、手に入れた時間によっていくらでも増やせる。

でも、失われた時間はお金を使っても取り戻すことはできない。

経営者の時間、「エグゼタイム」で自然体で余裕を持って格好良く稼ぐ経営者を増やしていきたい。

益々強く情熱が湧き上がったのです。

だから仕組み経営や、2種類の外注化を駆使したりして、リスクを抑えながら「自然体で余裕を持って稼ぐ経営」を実現する方法を追求してこれました。

経営サポートをはじめて10年が経ちますが、エグゼタイムの発見に才能プロファイリングは必須のものだという確信から、僕自身が才能プロファイラーになって、「才能発見」「才能発掘」のサポートをしています。

これもすべては、
「自然体で余裕を持って稼ぐ経営を実現するため」
それを支える
「エグゼタイムのため」
です。

価値観と才能から正確にエグゼタイムを知る

あなたのエグゼタイムをより正確に知るためには、

なぜあなたが今の仕事をしているのか?
あなたの価値観とそこから生み出される才能が何か?
の理解が必要です。

それが一貫性を持って、理解できた時

「目の前のお金」というワクワク、魅力を一旦手放して、「エグゼタイム」という自分の才能に投資する時間を作ることへ、背中を押してくれます。

そして迷いなく、自分が一番価値を生み出す仕事に集中することで「より多い、未来のお金」を生み出す源泉になります。

自分の価値観、才能は何か?

その視点からのアプローチでもエグゼタイムを見つけていただきたいと思っています。

働く時間を減らせば減らすほど売上が上がり続ける エグゼタイム仕組み経営講座 無料でWEBセミナーを視聴する

関連記事